AIエンジニアに近い職種・業種だと、転職が簡単になる可能性があります。

AI時代を生きるためのプログラミングスキル~ヘッダー

AIエンジニアになるためには

 

AIエンジニアになるためには、まず「AIエンジニアとは何か」を知りましょう。

 

AIエンジニアとは、AI(人工知能)のテクノロジーを活用して、企業や個人が抱える課題を解決するエンジニアです。
主に、AIそのものを開発する技術者と、AIの技術を活用して企業の営業活動を手助けする技術者の2パターンに分けられます。

 

そのため他業種・職種でもAI分野に生かせる潜在能力を秘めたエンジニアは多いです。

 

特に一部の業種・職種のエンジニアはAI分野に転職しやすいと言われており、注目を集めています。

 

AIエンジニアに転職しやすい業種

自動車業界

自動車業界の中でも、ソフトウェアを開発する部門にいるエンジニアは転職に有利です。
近年では業界全体で「自動運転技術」に力を入れており、その技術はAIによって支えられています。

 

自動運転のイメージ

 

自動車業界でソフトウェアエンジニアをしていた場合、AIエンジニアとして開発のスペシャリストになるキャリアパスは拓きやすいです。

 

Web業界

Web業界もAIエンジニアとしての能力を鍛えるのに向いています。
マーケター、データアナリストとして「データ分析」を取り扱う領域で業務を遂行している場合は、AIエンジニアで求められる能力を自然と身につけている場合が多いです。

 

ロボット業界

 

近未来的なロボット

 

ロボット業界は、AIの活用において最先端の業界です。
お掃除ロボットやスマートスピーカー、最近では小型のロボットを所有する家庭も増えており、今後も成長の見込みがあります。
ロボット業界ならば、ハードウェアエンジニアだったとしてもソフトウェアエンジニアだったとしても需要が高いです。

 

AIエンジニアに転職しやすい職種

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアは、データ処理を得意とするエンジニアです。
データを整理してAIを育てていくAIエンジニアとしての資質を養うために、十分な業務を取り扱います。
サーバーサイドエンジニアとして活躍するならばプログラミング言語を習得する必要があるため、AIエンジニアとしての研究・開発の業務にも役立つのです。

 

データサイエンティスト

データサイエンティストは、ビッグデータと呼ばれる膨大な量のデータを活用して、企業の課題解決を手助けする職業です。
AIエンジニアに転職する際には、開発に必要なプログラミング言語の習得など、スキルが追加で求められますが、解析の能力はAI分野に欠かせないため転職の際には有利に働きます。

 

アプリケーションエンジニア

 

アプリケーション開発に携わるエンジニアの図

 

アプリケーションエンジニアは、パソコンやスマートフォンで動作するアプリケーションを開発するエンジニアです。
主にIT業界で活躍するエンジニアですが、その能力はAI分野にも生かせます。
特に「Python」というプログラミング言語を用いた開発の経験がある場合は、AIエンジニアへの転職に有利です。

 

目標を見据えたキャリアパスを

AIエンジニアは高度な専門性が求められる職業です。
いきなり目指すのではなく、まずは求められる能力が近しい業種・職種の開発現場で経験を積んでみてはいかがでしょうか?

 

>直接AIエンジニアになるには?<